07 Prev  2017/08  Next 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

toni

Author:toni
身近なフィールドを散歩しながら出会った生き物たちをつれづれにご紹介します。
昆虫は初心者です。間違った記述や質問などありましたら、BBSに書き込んでくだされば嬉しいです。楽しいお話もお待ちしております。




最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク

【撮影アイテム】
EOS Kiss Digital N

SP AF90mmF2.8Di MACRO
EF50mm F1.8 II
EF-S18-55mm F3.5-5.6 II
EF55-200mm F4.5-5.6 II USM

ブログ検索
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ウラナミシジミの交尾





シジミチョウはホント可愛いですよね。翅に夕陽を受けながら愛をささやきあっておりました。(東山植物園)
スポンサーサイト
蝶・蛾  

アサギマダラ ⑥















アサギマダラが好む気温は20~25度、その環境を求めて移動するという説が有力なようです。植物園に飛来したアサギマダラも暑い日中は林の中で休んで、曇りの日や涼しい朝夕にアザミやヒヨドリバナで吸蜜するなど活性が上がる気がします。(東山植物園)
蝶・蛾  

キタテハ





涼しくなってたくさんのキタテハが舞うようになりました。コスモスやジニアのような鮮やかな花が好きなのでしょうか。秋型は成虫のまま越冬するそうです。(東山植物園)
蝶・蛾  

テングチョウ





初めて目にしました。名前が分からず家に帰って調べてみたらテングチョウ。天狗の鼻のように顔が長いからそんな名前が付いたのでしょうね。翅を閉じるとまるで枯葉です。(東山植物園)
蝶・蛾  

ムラサキシジミ ②


ヒヨドリバナの蜜を吸うムラサキシジミが少しだけ翅を広げてくれました。翅が痛んでいますが、その鮮やかな青さには目を奪われます。(東山植物園)
蝶・蛾  

アサギマダラ (メス) ⑤











閉園間際に嬉しい発見。アザミの花で吸蜜しています。アサギマダラが好きなこの辺りの花はヒヨドリバナ、フジバカマそしてヨツバヒヨドリ。またセイタカアワダチソウ、センダングサ、ツワブキやサザンカにも寄ってくるそうです。(東山植物園)
蝶・蛾  

アサギマダラ (メス) ④ 





オスに遅れてアサギマダラのメスがやってきました。見分け方は後ろ翅の裏に黒い模様があるのがオス。またメスの方が少し大きいです。
ハッと気がつくと空高く舞い上がり、高い木の枝に止まってしまいました。
ズームで撮ったシルエットもきれいです。(東山植物園)
蝶・蛾  

たんぽぽと蝶たち その2















地味ですが可愛いチョウばかり。上からベニシジミ2枚、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ。それにアサギマダラも。どれもたんぽぽの花に合いますね(上4枚:庄内緑地公園 下:東山植物園)
蝶・蛾  

たんぽぽと蝶たち その1








草むらのたんぽぽには小さな蝶たちがたくさん。アッと云う間にこれだけ撮れましたよ。上からヒメシロチョウ、ウラナミシジミ、キチョウ。(庄内緑地公園)
蝶・蛾  

アサギマダラ (オス) ③








水際の苔で吸水しています。このあと杉の枝でひと休み。かなり翅が痛んでいます。南の島に渡るのは無理かなぁ。(東山山植物園)
蝶・蛾  

秋桜と蝶たち








上からヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン、メスグロヒョウモンです。毎度お馴染みの蝶たちがコスモスに揺られて食事中。(東山植物園)
蝶・蛾  

秋桜とキアゲハ








久しぶりのキアゲハです。終わりかけのコスモスを飛び回って吸蜜しています。(東山植物園)
蝶・蛾  

ヒメシロチョウ


植物園では初めてみかけました。モンシロチョウよりもやや小さく,翅が細長いのが特徴です。絶滅危惧種に指定されている県もあるようです。(東山植物園)
蝶・蛾  

アサギマダラ (オス) ②


雑木林で見つけたアサギマダラは奥に向かってひらひら飛んでいます。そこで先を結んだ白いタオルをグルグル回してみたら、きびすを返してUターン。頭上を2回旋回して近くに枝に止まってくれました。やっぱり効果があるようです。(東山植物園)
蝶・蛾  

ウラギンシジミ (オス・メス)





大きなどんぐりにちょこんと乗っているウラギンシジミのオス。なかなか愛嬌があって可愛いですね。翅が地味なメスは初めてみました。(東山植物園)
蝶・蛾  

ウラナミシジミ








シジミチョウに多く見られる特徴ですが、このウラナミシジミも後ろ翅に触手のような突起があります。目玉のような模様といい、前後をカモフラージュさせて敵から頭を守るためのものなのでしょうか?(東山植物園)
蝶・蛾  

モンキチョウの交尾





お花畑で強風に煽られながら交尾をしています。モンキチョウは幼虫で越冬するそうです。来年の春にこのカップルの子孫は誕生するのですね。(東山植物園)
蝶・蛾  

白玉星草とベニシジミ








白玉星草にはセセリ以外あまり蝶は来ませんが、ベニシジミがやってきて一生懸命吸蜜していました。美味しいですか? (東山植物園)
蝶・蛾  

アサギマダラ

















2000キロを旅するといわれている渡り蝶アサギマダラです。
夏の初めに南の島からやってきて涼しい高原で夏を過ごし、秋になったらまた南に帰るのです。翅にマーキングをして移動の様子を調べていますが、まだ分からないことばかり。一番下がマーキングをしたアサギマダラ。
ロマンと謎に満ちた蝶ですね。(知多郡美浜町)
蝶・蛾  

白花曼珠沙華とクロアゲハ








クロアゲハは赤い花が好き。今日は白い彼岸花にやってきました。
白と黒のコントラストですね。(東山植物園)
蝶・蛾  

メスグロヒョウモン (オス)








涼しくなってメスグロヒョウモンが下界に降りてきました。メスの姿はありませんでしたが、黒っぽい模様のはねをもっています。ツマグロヒョウモンのメスにちょっかいをだしていましたよ。(東山植物園)
蝶・蛾  

アザミと蝶 ツマグロヒョウモン⑧





アザミはチョウが大好きな花ですね。密かにアサギマダラを待っていたのですが、やってきたのはツマグロヒョウモンでした。(東山植物園)
蝶・蛾  

ウラギンシジミ ②








初めてはねを広げてくれました。朝日を浴びてとてもきれい。
(牧野ヶ池緑地)
蝶・蛾  

コムラサキ ②





少し離れた葉っぱでひと休み。朝日に当たって分かりにくいですが、模様が紫色なんですよ。(牧野ヶ池緑地)
蝶・蛾  

アオスジアゲハ ③








今朝はチョウがとっても元気。秋晴れが続いて活性が上がっているのでしょうか?
まずはアオスジアゲハ。羽を広げて止まってくれました。
このあと元気に青空へ舞っていきました。(上:牧野ヶ池緑地、中下:東山植物園)
蝶・蛾  

ルリタテハ ②





雑木林の脇にある歩道に止まっていました。成虫で越冬するので早春から飛びはじめるそうです。(牧野ヶ池緑地)
蝶・蛾  

ムラサキシジミ


初めて見つけたムラサキシジミ。残念ながら止まってはねを広げません。
葉っぱをちょんとさわったら、きれいな紫色の表ばねを見せながらヒラヒラ飛んでいきました。(牧野ヶ池緑地)
蝶・蛾  

ウラギンシジミ





はねの裏側は銀色でぽってり厚塗り風です。表側は撮れませんでしたが茶色にオレンジ色の模様があります。
特徴なのは足が縞々でちょっとお洒落ですね。(東山植物園)
蝶・蛾  

ジャノメチョウ





けっこう神経質で落ち着きがありません。目玉模様は、天敵の鳥から身を守るためと考えられています。(上:甘木市秋月 下:東山植物園)
蝶・蛾  

キバナコスモスと蝶 ツマグロヒョウモン⑦ 





花とチョウの黄色いコラボレーションですね。(甘木市秋月)
蝶・蛾  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。