07 Prev  2017/08  Next 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

toni

Author:toni
身近なフィールドを散歩しながら出会った生き物たちをつれづれにご紹介します。
昆虫は初心者です。間違った記述や質問などありましたら、BBSに書き込んでくだされば嬉しいです。楽しいお話もお待ちしております。




最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク

【撮影アイテム】
EOS Kiss Digital N

SP AF90mmF2.8Di MACRO
EF50mm F1.8 II
EF-S18-55mm F3.5-5.6 II
EF55-200mm F4.5-5.6 II USM

ブログ検索
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

薔薇とカマキリ


秋の薔薇がそろそろ見頃です。バラ園には色とりどりの薔薇が咲き始めています。(東山植物園)
スポンサーサイト
昆虫  

ツチイナゴ ③


ラベンダーの花に大きなバッタが。トノサマバッタと思ったら涙目のツチイナゴでした。(東山植物園)
昆虫  

ヒマワリとベッコウハナアブ 





過ぎてゆく夏を惜しむかのように、ヒマワリの花でせわしく動き回っています(東山植物園)
昆虫  

ブチヒゲカメムシ


赤褐色で背面中央部に白紋を持つカメムシ。体側と触覚には縞模様があります。名前がすごいですね。(東山植物園)
昆虫  

女郎花(オミナエシ)とハラナガツチバチ


オミナエシの「おみな」は女の意味、「えし」は古語の「へし(圧)」で、美女を圧倒する美しさから名づけられたそうです。万葉集にも登場しますね。
『をみなへし咲きたる野辺を行き廻り』作者:大伴宿祢池主(おおとものすくねいけぬし)
“女郎花(おみなえし)が咲いている野をめぐっているうちに、あなたのことを思い出して、回り道をしてやってきたのですよ”
(東山植物園)
昆虫  

白玉星草とバッタ ショウリョウバッタ ③



なんとファンタスティックな名前なんでしょう。シラタマホシクサは伊勢湾岸沿いの湿地にだけにみられる一年草。茎の先にたくさんの白い金平糖が実っているようです。名前を付けた方はきっとロマンチストなんでしょうね。
(東山植物園)
昆虫  

ニラの花とアブ  ベッコウハナアブ


ニラの花とハナアブ。花の蜜を吸うので刺すことはないそうです。
清楚なニラの花の蜜はどんな味なんでしょうか? (甘木市秋月)
昆虫  

ツチイナゴ(若齢幼虫)






水際の草むらはバッタが飛び回っています。これは1cmにも満たないツチイナゴ。まだ幼虫ですがトレードマークの涙目のような模様は同じです。
(牧野ヶ池緑地)
昆虫  

シオヤアブ (オス・メス)


ハエの仲間であるだけに,アブの写真が2枚続いたらちょっとおぞましいですね。 (東山植物園)
昆虫  

アオメアブ



緑色の複眼を持っています。草原や林の周辺で見られ甲虫やハエ、アブなど、他の昆虫を捕まえて体液を吸うそうです。  (牧野ヶ池緑地)
昆虫  

ヒメホシカメムシ



体長は1cm程度。左右に一対の黒い斑があります。人の顔にも見えますね。(牧野ヶ池緑地)
昆虫  

トガリシロオビサビカミキリ



1cmちょいの小型カミキリムシ。木の色と似ていて地味です。 (牧野ヶ池緑地)
昆虫  

キボシカミキリ






うすい黄色の斑点がある少し小型のカミキリムシ。幼虫はクワ、イチジク、ミカンなどの生木を食害するそうです。  (牧野ヶ池緑地)
昆虫  

ハネナガイナゴ



コバネイナゴとともにイネの代表的な害虫なんだそうです。
イナゴの佃煮として、食用にもされてきたそうですよ。 (牧野ヶ池緑地)
昆虫  

チキチキバッタ



以前紹介したショウリョウバッタです。オスは飛ぶときにチキチキという音をたてるのでこの名前がついています。 (牧野ヶ池緑地)
昆虫  

アブラゼミの羽化












閉園前の植物園でセミの羽化を観察しました。
真っ白な羽がだんだんと血が通うように色がついていきます。長い間土の中で生活したセミの栄えある儀式ですね。  (東山植物園)
昆虫  

カブトムシ(オス・メス)
見つけた時は感激!身近なところにもいるんですね。
オスがメスを追っかけ回しています。この後ヤブ蚊の猛攻を受けて退散(僕が)  (東山植物園)



昆虫  

クワカミキリムシ






桑の木によく見かけるカミキリムシですが、広葉樹の樹皮を食べる害虫なんだそうです。(牧野ヶ池緑地)
昆虫  

カマキリ







久しぶりの更新です。
カマキリ、昔はいっぱいいたのに最近はあんまりお目にかかれません。(牧野ヶ池緑地)
昆虫  

クマバチ



2回目の登場です。黄色い体毛がえりまきみたい。(東山植物園)
昆虫  

アカハナカミキリ



最もポピュラーなカミキリムシだそうですが、馴染みが薄いかな。
(牧野ヶ池緑地)
昆虫  

ツチイナゴ



日本のバッタの仲間では、成虫で冬を越すただ一つの種類だそうです。
目の下にもようがあって、涙を流しているようにも見えますね。(東山植物園)
昆虫  

ショウリョウバッタ





メスはオスの倍ほど大きく8cmにもなるそうです。
オスはチキチキ音を立てて飛びます。上は緑色型のオス、下は褐色型のオス。
(東山植物園)
昆虫  

ヤマトタマムシ





足元の草むらにキラキラ光るものが。朝の日差しを受けて美しく輝くタマムシでした。
これもすごく懐かしい昆虫です。体が輝くのは液晶と同じ構造らしいです。(牧野ヶ池緑地)
昆虫  

カメムシ
あんまり好かれるタイプじゃないけど、こうやって見たらけっこう凛々しい。
(牧野ヶ池緑地)

kamemushi

昆虫  

カマキリの赤ちゃん
まだ1センチほどのカマキリ。無事に大きくなれるでしょうか。(牧野ケ池緑地)

kamakiri

昆虫  

ゴマダラカミキリ
gomadara


子供の頃はポピュラーな昆虫でした。見たのは何年ぶりだろう?ちょっと感激でした。(牧野ケ池緑地)
昆虫  

カナブン
カナブン


ヒメジオンの花に抱きついて夢中で動き回っていました。(牧野ケ池緑地)
昆虫  

クマバチ
花に寄り添う様子は可愛いですが、やっぱり恐いです。
怖ず怖ず撮りました。 (江南の畑)

Xylocopa_appendiculata

昆虫  

かすみ草
ミツバチがかすみ草に潜り込んでいます。
それが可愛かったのでキープ。(江南の畑)

kasumisou

昆虫  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。