09 Prev  2017/10  Next 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

toni

Author:toni
身近なフィールドを散歩しながら出会った生き物たちをつれづれにご紹介します。
昆虫は初心者です。間違った記述や質問などありましたら、BBSに書き込んでくだされば嬉しいです。楽しいお話もお待ちしております。




最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク

【撮影アイテム】
EOS Kiss Digital N

SP AF90mmF2.8Di MACRO
EF50mm F1.8 II
EF-S18-55mm F3.5-5.6 II
EF55-200mm F4.5-5.6 II USM

ブログ検索
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

シロハラ


日本にも冬鳥として渡来し、積雪の少ない地方で越冬する渡り鳥です。
地面の落ち葉をはね除けてミミズや昆虫をなどを捕るのだそうですが、たしかに地面をぴょんぴょんと飛び跳ねていました。
(東山植物園)
スポンサーサイト
 

コゲラ


コツコツと木を突っつくドラミング音の先にコゲラがいました。
キツツキ目キツツキ科の留鳥です。(牧野ヶ池緑地)
 

シジュウカラ


動きが早いので撮りづらい鳥です。残念ながら顔は撮させてくれませんでした。山林や公園など幅広く生息しているようです。 (牧野ヶ池緑地)
 

メジロ


体は美しいオリーブ色、名前のように白いアイリングがあります。
出来はかなり不満足です。いつか花の蜜を吸うメジロを撮ってみたいものです。 (牧野ヶ池緑地)
 

ハクセキレイ




池の水際をちょこんちょこんと歩きながら餌を探していました。
繁殖地が南下しており、このハクセキレイも暖かい場所に移動せずここで繁殖しているのでしょうか? (牧野ヶ池緑地)
 

マガモ


マガモ達も寒い大陸から冬の間やってきます。そんな長い距離をよく飛んで来るものだと感心しますね。仲良く並んで泳ぎます。 (牧野ヶ池緑地)
 

アオサギ




この池にやってくる一番大きな鳥です。長い嘴で小魚を捕まえるのが上手。
遠くから撮りましたが気配を感づかれて飛んでいってしまいました。
かなり神経質ですね。 (牧野ヶ池緑地)
 

ユリカモメ




あけましておめでとうございます
秋が深まり次第に昆虫たちの姿が見えなくなっていくにつれて、散歩の回数も減っていきました。
今年はどんな生きもの達との出会いがあるでしょうか?
そんな期待を胸にまたボチボチ再開します。今年もどうぞよろしくお願いします。
年の初めはユリカモメ! 寒いロシア方面からやってきて、春までこの池で過ごします。 (牧野ヶ池緑地)


 

ウラナミシジミの交尾





シジミチョウはホント可愛いですよね。翅に夕陽を受けながら愛をささやきあっておりました。(東山植物園)
蝶・蛾  

桜とアキアカネ


秋空の下で子福桜が咲いている枝にアキアカネが。秋と桜とトンボ・・・面白い組み合わせですね。夏の猛暑が苦手なアキアカネが涼しくなって山から下りてきました。(東山植物園)
トンボ  

アサギマダラ ⑥















アサギマダラが好む気温は20~25度、その環境を求めて移動するという説が有力なようです。植物園に飛来したアサギマダラも暑い日中は林の中で休んで、曇りの日や涼しい朝夕にアザミやヒヨドリバナで吸蜜するなど活性が上がる気がします。(東山植物園)
蝶・蛾  

キタテハ





涼しくなってたくさんのキタテハが舞うようになりました。コスモスやジニアのような鮮やかな花が好きなのでしょうか。秋型は成虫のまま越冬するそうです。(東山植物園)
蝶・蛾  

ジョロウグモ


これは載せようか迷っていましたが虫たちの世界はサバイバル、こういうシーンは日常的なものだと思います。ここに写ってはいませんが、隅に実に小さなオスが居候しています。(東山植物園)
クモ  

ヤマガラ





3mくらい先の枝に留まり思わず撮影。頭が黒いのでよく分かりませんが、ヤマガラでしょうか?秋にはドングリなどの木の実を枝の割れ目や朽ち木に蓄える(貯食)習性をもっているそうですよ。(東山植物園)
 

薔薇とカマキリ


秋の薔薇がそろそろ見頃です。バラ園には色とりどりの薔薇が咲き始めています。(東山植物園)
昆虫  

テングチョウ





初めて目にしました。名前が分からず家に帰って調べてみたらテングチョウ。天狗の鼻のように顔が長いからそんな名前が付いたのでしょうね。翅を閉じるとまるで枯葉です。(東山植物園)
蝶・蛾  

ムラサキシジミ ②


ヒヨドリバナの蜜を吸うムラサキシジミが少しだけ翅を広げてくれました。翅が痛んでいますが、その鮮やかな青さには目を奪われます。(東山植物園)
蝶・蛾  

アサギマダラ (メス) ⑤











閉園間際に嬉しい発見。アザミの花で吸蜜しています。アサギマダラが好きなこの辺りの花はヒヨドリバナ、フジバカマそしてヨツバヒヨドリ。またセイタカアワダチソウ、センダングサ、ツワブキやサザンカにも寄ってくるそうです。(東山植物園)
蝶・蛾  

アサギマダラ (メス) ④ 





オスに遅れてアサギマダラのメスがやってきました。見分け方は後ろ翅の裏に黒い模様があるのがオス。またメスの方が少し大きいです。
ハッと気がつくと空高く舞い上がり、高い木の枝に止まってしまいました。
ズームで撮ったシルエットもきれいです。(東山植物園)
蝶・蛾  

たんぽぽと蝶たち その2















地味ですが可愛いチョウばかり。上からベニシジミ2枚、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ。それにアサギマダラも。どれもたんぽぽの花に合いますね(上4枚:庄内緑地公園 下:東山植物園)
蝶・蛾  

たんぽぽと蝶たち その1








草むらのたんぽぽには小さな蝶たちがたくさん。アッと云う間にこれだけ撮れましたよ。上からヒメシロチョウ、ウラナミシジミ、キチョウ。(庄内緑地公園)
蝶・蛾  

アサギマダラ (オス) ③








水際の苔で吸水しています。このあと杉の枝でひと休み。かなり翅が痛んでいます。南の島に渡るのは無理かなぁ。(東山山植物園)
蝶・蛾  

秋桜と蝶たち








上からヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン、メスグロヒョウモンです。毎度お馴染みの蝶たちがコスモスに揺られて食事中。(東山植物園)
蝶・蛾  

秋桜とキアゲハ








久しぶりのキアゲハです。終わりかけのコスモスを飛び回って吸蜜しています。(東山植物園)
蝶・蛾  

ツチイナゴ ③


ラベンダーの花に大きなバッタが。トノサマバッタと思ったら涙目のツチイナゴでした。(東山植物園)
昆虫  

ヒメシロチョウ


植物園では初めてみかけました。モンシロチョウよりもやや小さく,翅が細長いのが特徴です。絶滅危惧種に指定されている県もあるようです。(東山植物園)
蝶・蛾  

アサギマダラ (オス) ②


雑木林で見つけたアサギマダラは奥に向かってひらひら飛んでいます。そこで先を結んだ白いタオルをグルグル回してみたら、きびすを返してUターン。頭上を2回旋回して近くに枝に止まってくれました。やっぱり効果があるようです。(東山植物園)
蝶・蛾  

ウラギンシジミ (オス・メス)





大きなどんぐりにちょこんと乗っているウラギンシジミのオス。なかなか愛嬌があって可愛いですね。翅が地味なメスは初めてみました。(東山植物園)
蝶・蛾  

ウラナミシジミ








シジミチョウに多く見られる特徴ですが、このウラナミシジミも後ろ翅に触手のような突起があります。目玉のような模様といい、前後をカモフラージュさせて敵から頭を守るためのものなのでしょうか?(東山植物園)
蝶・蛾  

モンキチョウの交尾





お花畑で強風に煽られながら交尾をしています。モンキチョウは幼虫で越冬するそうです。来年の春にこのカップルの子孫は誕生するのですね。(東山植物園)
蝶・蛾  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。